Jリーグ開幕!

こんにちは。平昌オリンピックが終わったこともあり、いよいよサッカー観戦に集中できますね笑さて、Jリーグが開幕しました。今年はワールドカップイヤーなので、選手たちも一層気合いが入っていることでしょう。
★今週チェックした試合コーナー
1、サガン鳥栖1ー1ヴィッセル神戸
Jリーグ史上初の金曜開幕となった試合。イバルボVSポドルスキの1流外国人助っ人対決に注目していたが、イバルボは欠場となった。ポドルスキはポジションはトップ下であったものの、ピッチ中を動き回って、ボールを散らしていた。昨シーズンのように前で張ってるよりは、ポドルスキのボールタッチが増えるので、ポドルスキはこのような使い方の方がいいと思う。
2、サンフレッチェ広島1ー0コンサドーレ札幌
タイ人ストライカー、ティーラシンのゴールで広島が勝利した。タイはサッカー人気もレベルも急速に上がっている国なので、タイ人プレイヤーを獲得することは、Jリーグにとってもかなりプラスになると思う。
3、ガンバ大阪2ー3名古屋グランパス
大型補強に成功した名古屋がいきなりガンバを倒した。ブラジル代表経験もあるジョーは1得点1アシストの活躍で、チームの勝利に大きく貢献した。名古屋は外国人助っ人以外にも、宮原和也、青木亮太、和泉竜司などの有望な若手もかなり多いので、今シーズンはかなり注目だ。一方ガンバ大阪も、市丸瑞希をスタメンで使ったり、中村敬斗をデビューさせたりと、サプライズを魅せてくれてとても面白かった。
4、FC東京1ー1浦和レッズ
久保建英が後半途中から入ってきて、ワンタッチプレーなどでセンスを魅せていて面白かった。ピッチにたっている選手のなかで久保のパススピードが1番速かった。
5、湘南ベルマーレ2ー1V・ファーレン長崎
湘南の戦術がめちゃくちゃ機能していて面白かった。全員めちゃくちゃ走るし、ディフェンスラインもめちゃくちゃ高い。今シーズンは必ず残留して欲しい。

★今週の海外組コーナー
今週取り上げるのはドイツ二部のデュッセルドルフに所属する宇佐美貴史。直近のレーゲンスブルク戦で、1ゴール1アシストと大活躍しており、代表への復帰が待ち遠しい。今1番調子がいい日本人と言っても過言ではないだろう。

★ワールドカップにサプライズ選出されて欲しい若手コーナー!

久保建英(FC東京)、中村敬斗(ガンバ大阪)、菅原由勢(名古屋グランパス)
3人とも去年のU17ワールドカップのメンバー。特に菅原は高2で今年のグランパスの試合でスタメンフル出場を果たしている。今までU17で活躍した選手はいくら上手くても、なかなか使われないイメージがあったが、今年は若手を積極起用する監督が多いので、この3人の成長には期待せずにはいられない。

今週は以上です。